XE MARKETS



世界最高水準のFXブローカー、XEマーケット(XEMarkets)

国内でも人気がある海外FXブローカーが、XE Marketsです。XEマーケットは、高い約定力で人気だったトレーディングポイント(TradingPoint)が、サービス内容をさらに充実させてリニューアルしたものです。

本拠地をキプロスに構え、キプロス証券委員会の認可を受け、さらに世界中で最も審査が厳しいと言われている米国FSA(金融サービス機構)の認可も受けています。

XEマーケットの最大の特徴は、約定拒否がなく、約定率100%を誇っていることです。バイナリーオプションとは上か下かの選択をする取引ですが、それとは一線を隔すまでも、FX業界最高水準のインフラとオンラインシステムを駆使して、注文の99.35%は1秒以内に執行されます。テイミングが重要なFXの取引において、このことは大きなメリットです。

そもそも日本でいうFXとは、規制も多く大型投資には向かなくなってきているのも事実です、ところがこのような海外企業では最高で888倍までレバレッジを設定できることも、XEマーケットの魅力の一つです。証拠金の額に応じて決められた範囲で、レバレッジを自由に設定することが出来ます。そして追証が発生しないシステムを取り入れているため、損失リスクを限定して取引ができるのもXEマーケットを使う利点としてFXに関して初心者にも愛好家が多いとされています。

取り扱っている商品は、為替取引をはじめ、CFD、金、原油、株価指数など、全部で100銘柄以上の取引が可能になっています。豊富な銘柄の中から、自分の好みにあった銘柄をチョイスすることができるのです。

そしてその取引をおこなうプラットフォームは、PCやスマートフォンで、全部で7つを用意しています。その7つのすべてにおいて、日本語対応になっています。PCでは世界標準の取引ツールであるメタトレーダー4(MT4)、スマホには専用アプリが用意されています。またスマホで最も簡単に通貨取引ができるもので24オプションもあるのでチェックしてみてください。

そしてXEマーケットが用意している口座は、全部で3種類あります。証拠金の額によって、小さい方からマイクロ口座、スタンダード口座、エグゼクティブ口座になります。初心者を含めた一般人は、マイクロ口座が主になります。マイクロ口座では1LOTが1,000通貨に設定されているので、少額からの取引が可能になっています。

 

FX系・BO系

主にオンラインでできる投資行為としてFXかバイナリーオプションがあります。

FX系

レバレッジやスプレッドを分析しながら中期、長期で利益を出していく方法

BO系

より単純に上か下かを予想する投資法として現在注目を集めているのが、このバイナリーオプション

検索