FXという試み

近年、インターネットを利用していると、多くのウェブサイトやブログで「FX」という言葉を見かけるようになりました。

FXとは、「外国為替証拠金取引」と呼ばれる投資法のことです。日本で「円」が流通しているように、アメリカで「ドル」が流通しているように、通貨は国によって異なります。多国間の通貨を市場で取引すると、レートによって金利差が発生します。

例えば、1ドル=100円の時に100ドル購入すると、そのお金は日本では1万円の価値を持ちます。しかし、為替が変動して1ドル=110円になると、100ドル=1万1千円となって、円に変換した際に儲けが出ます。

このように、外国為替を活用して利益獲得を目指すのがFXというわけです。


市場のレートを活用して利益を上げる投資法としては短期取引の「www.ハイロー.net」そして「株取引」も有名ですが、株とFXの違いを簡単に述べると、FXの方がレートの値動きが小さいという特徴があります。当然レートの値動きが大きい方が莫大な利益を得やすいというメリットがありますが、逆に言うと、際限なく損失が膨らむリスクもあります。

先月購入した株が会社倒産に伴いただの紙切れになってしまったという話は珍しいことではありません。しかし、バイナリーオプションと同じでFXならこうしたリスクを回避しやすいので、非常に初心者向けと言えます。

また、株取引の場となる証券取引所は平日の9時から午後の3時頃までしか開いていないという欠点がありますが、FXの場合は原則的に24時間365日いつでも取引可能です。多忙な社会人でも夜間や土日を利用して、自分のペースで取引できるというメリットがあります。



何よりも、株よりFXの方が稼ぎやすいという点がFX最大の魅力です。株取引はいわば玄人向けの投資法であり、それなりに知識やテクニックを要求されます。

その点、現在では各FX業者が高度なFX取引用ツールを開発しており、「利益が○○円以上になったら利益確定売り」、「損失が○○円以上になったらロスカット」などのデータをあらかじめ設定しておくことで、自動的に取引を行ってくれます。これはバイナリーオプション比較をしたとしてしてもかなりの機能性を持っていることが証明されています。あれこれと世界経済の情報に気をもむ必要もなく、すべてコンピュータにお任せするだけで利益を積み重ねることが出来るのです。

それに、FXでは「証拠金取引」という投資法が採用されている点も大きいです。株の現物取引では、100万分の株を購入するためには100万円の軍資金が必要となります。しかし、FXでは「レバレッジ」という倍率が設定されており、軍資金以上の取引が可能です。

例えばレバレッジが10倍の業者の場合、わずか10万円の証拠金を担保として入金するだけで100万円分の通貨取引が可能となるのです。あまり経済的に余裕のない人でも多額の利益を狙えることでしょう。

ベンチャーキャピタルとは、未上場企業に対して投資を行い、利益を得ようとする行為のことを言います。

なぜ、上場企業ではなく未上場企業に対して投資を行うのかというと、これからの成長が見込めるかというところが判断基準となっています。

上場企業というものは、ある程度の場所まで成長しており、それ以上の成長というものはあまり見込めない状態となっています。

しかし、未上場企業の場合は、これから上場企業に成長していく可能性があります。

その未上場企業を大きく成長させ、上場企業まで成長したときに、未上場企業だった時に購入した株を売却することにより利益を得ています。

さらに、資金を投資すると同時に、経営指導なども行い企業を上場企業へ成長させようともします。

このベンチャーキャピタルは、日本よりも、アメリカなどの海外に多く見られる傾向があります。

なぜ、日本ではなく海外に多く見られるのかというと、日本人と外国人の考え方の違いがとても大きいと思われています。

日本の投資家の多くは、保守的な考えをする人が多く、未上場企業に投資するよりも、すでに上場している企業に投資を行うことにより、少ない額でも利益を得ようとします。

少ない額といえど、未上場企業に投資を行うよりは安定して利益を得ることが可能なのでこの判断は決して間違っていることではありません。

外国人の場合は、未上場企業に投資を行う傾向が日本よりも高いです。

なぜ、日本よりも未上場企業に投資することが多いのか、これをアメリカで例を挙げるならば、アメリカは日本よりも、企業を起こしやすい環境にあるからです。さらに、日本では、企業に失敗したとなればそのお金を自分で支払わなければなりません。

しかし、アメリカではたとえ失敗したとしても、国がそのお金を保証してくれます。この時点から日本とアメリカにおいてのベンチャー企業の数に大きく差が出てしまうことが分かります。

なので、日本の投資家も上場企業に投資せざるを得ないのかもしれません。

逆にアメリカなど海外の場合は、非常に企業の数も豊富であるため、ベンチャー企業に投資する投資家が多い様に見えているだけかもしれません。

さらにベンチャーキャピタルをすることのメリットは、投資した企業が上場企業になったときに得られる利益が非常に多いことが主なメリットとして挙げることができます。

デメリットは、先ほども述べた通り、もし企業が失敗したとなれば、損をする可能性が非常に高いことが主なデメリットとして挙げることができます。

ベンチャーキャピタルを行うことは、自分の利益だけではなく、企業の利益にも非常に強くつながっています。

さらに、ベンチャーキャピタルを行うことは、日本経済を成長させることにもつながっています。

なので、決して簡単ではありませんが、多くの利益を上げるのには非常にいい方法となっているのでしょう。

 

FX系・BO系

主にオンラインでできる投資行為としてFXかバイナリーオプションがあります。

FX系

レバレッジやスプレッドを分析しながら中期、長期で利益を出していく方法

BO系

より単純に上か下かを予想する投資法として現在注目を集めているのが、このバイナリーオプション

検索